★歴史があるのに新しき住宅群★

桜の開花も九州のほうから聞こえており、確実に季節は春になっていますね。
皆さんこんにちは、春分の日いかがお過ごしでしょうか?

さて、弊社は今芦屋市のほうでもお仕事をさせていただいているのですが、先日現場に行った際に近くにある高層マンション群に目が留まりました。日が落ちるか落ちないかくらいの時に夜景として見たのですが、すごく存在感があったので、今日別用で芦屋に行った際にちょっと足を延ばして見て来ました。

IMG_2190.JPG


ここは、「芦屋浜シーサイドタウン」という高層住宅群で、写真のとおりすごく特徴的なデザインの建物です。この建物群の中心部分に商業施設があるのですが、そこに行くとこれらの建物に囲まれ、まるでレゴブロックでできた街の中にいるような、そんな感覚になります。
デザイン的には、賛否両論色々あると思いますが、個人的には他とは違う存在感があり、嫌いではないですね。・・・いや、結構好きなほうかも☺
これら建物は何階かごとに住戸のない抜けた階があるのですが、実は階段室とこの抜けた階が柱と梁の役割を果たしながら、その中にプレキャストコンクリート住戸ユニットを組み込むといった構造となっているようです。なおかつこの抜けた階、住民の方々のコミュニティや、防災時のミニ拠点にも使えるように考えられているとのこと。

また、生活する上でも、建物から出る生活ごみをダストシュートを使い建物の足元にある部屋に一時的に蓄え、コンピュータ制御により、真空ゴミ搬送パイプを通り、芦屋市のごみ収集プラントに運ばれ処理されるそうなので、いちいち下のゴミ捨て場まで持って行かなくてもいいようです。

ちなみにこの写真は、歩道に設置されたダストシューター(ごみを入れるところ)で、地下の搬送パイプでゴミ収集プラントに送られるようです。
IMG_21751.jpg


で、この高層住宅群が生まれたのは、昭和54年(1979年)なんだそうです。とても40年前にできていたものは思えないくらい、デザイン、構造、防災、生活などいろいろ工夫詰まっていて驚きです。

皆さんも近くに行った際には、ちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょう(^^

IMG_2191.JPG

IMG_2189.JPG

★新入社員シリーズ㉒『Kengo Kuma』★

皆様こんにちは(^^
お久しぶりのブログになってしまいましたぁぁぁ💦

私はcoffee☕が大好きなのですが、この間ふとコーヒーと建築業界がMIXしている"何か"を探しました。"something"ですねぇぇぇ♪

ほんの興味本位で検索を進めると、とても目を引くコーヒーカップとソーサーを見つけました!(ソーサーはカップの下に敷いてる受け皿です♪)


ku,akengo.png

とってもシンプルなんですけど、カップの底の曲面は、ソーサー部分にえぐられたくぼみの曲面と完全に一致しているそうで・・・。(たまにかちゃかちゃゆうやつあるんですよ💦)

無駄のない曲線美と丸いフォルムの美しさに吸い込まれました(*''ω''*)☕

こちらを作られたのは隈研吾さん。

--------------------------------------------------------------------------------
隈研吾さんは幼い頃からお父様のお仕事の影響で建築に興味を持たれ、
1964年の東京オリンピックの建築物をみて建築家を目指しはじめたそうです(^_-)-☆

時を経て、2020年の東京オリンピックのメイン会場の設計を担当されていますよね♪
すごい。建築家を目指すきっかけとなった大きな舞台で56年もの歳月が流れた今、たくさんの選手や観客で賑わうメイン会場の設計。
そう簡単に実現できるものではないものを成し遂げられている姿は眩しくうつります。。。。。(ノД`)・゜・。♪

--------------------------------------------------------------------------------
建築界の巨匠がコーヒーカップを作ってくれているだけでなんだかとてもうれしくなりました~。笑


ちなみに弊社が所在しております伊丹市。市役所の建て替えが行われるのですがなんと!!!!!!!なんと!!!!設計は隈研吾さんなのです( ゚Д゚)!!2022年完成予定でして、完成までの間も見に行ってみようとたくらんでいます♪♪٩( ''ω'' )و


plt19022307190001-p1.jpg
(※伊丹市提供)


では。。。
Have a great evening ですね♪
素敵な夜をおすごしくださいませ♪(^_-)-☆

★リノベーション★

今日は久しぶりの雨。
この雨で花粉が落ちてくれればよいのですが(;^_^A

さて、現在田中住建では中古戸建のリノベーション工事を行っております。
間取り変更、内装外装共にフルリノベーション工事を行い、見かけは新築同様、快適な住まいをご提供致します!
まだ工事は始まったばかりですが、完成すればご見学会を開催し、たくさんの方々に田中住建のフルリノベーション住宅をご体感いただきたいと思っております(^-^)
写真は内部解体中です。
IMG_2384.JPG

完成後に販売予定ですので、今後、進捗状況や物件住所等もアップしていきます!

★R+houseモデル建築中です~続き★

皆さま、こんにちは♪♪♪
引き続き、R+houseモデルハウスの建築現場をご紹介させていただきます★

koyaura_kanki.jpg

天井(小屋裏)に見えているのは・・?段ボール??です。
これは屋根(野地板)と断熱材の間に「通気層」をとり空気を循環させるためのもので「結露」が発生するのを防止するためのものなのです!

建物にとって「結露」は大敵なのです。特に壁の中や小屋裏など見えない部分で結露がおこると、カビやダニが発生し建物の寿命が短くなってしまうだけでなく、そのお家に住まわれる方の健康を損ねてしまいかねません!!( ゚Д゚)

高気密・高断熱+換気の「高性能住宅」にする意味は、お財布に優しいということはもちろんですが、健康で暮らせるということの方が大切ではないでしょうか??

建物の資産価値を下げない家づくり・施工方法を選択することが大切です(*^^)v


続いて、こちらの写真ですが、何か分かりますでしょうか~???

kichen_tenzyo.jpg

こちらはキッチンの天井なんです!
天井の一部が下がり天井になっていて空間のアクセントになります(*^-^*)
どのような仕上がりになるか・・楽しみですね。

モデルハウスの完成はゴールデンウィークを予定しております★
完成しましたら、是非ご覧ください♪♪♪

benkyoukai3.17.jpg

★Sp r i n g  h a s  c o m e★

皆様こんにちは!
ここ最近寒さも落ち着いてきて、過ごしやすくなってきましたね(^^♪

皆様こちらをご覧ください!!
20190222_030226368_iOS.jpg

弊社駐車場にございます「河津桜(カワヅザクラ)」という品種です!
こちらの桜は早咲き桜で、色もソメイヨシノよりも濃いピンク色をしております。
先週からぽつぽつと咲いてきまして、まだ満開ではございませんが、
満開になるのがとても楽しみです(#^^#)

去年この河津桜は3月上旬に開花を迎えていたので、今年は1週間ほど早く開花してくれました!
現在の日本の桜の内大半を占める「ソメイヨシノ」の開花時期は3/25日だそうです!
あともう少しでお花見の季節ですね~!(笑)

現在、R+モデルハウス建築中の分譲地付近は桜並木になっておりまして、
なんと「美しい日本の歩きたくなるみち500選」にも選ばれています。
満開の桜が望める分譲宅地です(*^^*)

去年の様子👇
20190301_103916101_iOS.jpg

ちなみに...去年は社員数名で、お花見を行いました!(笑)
私自身、桜が大好きなので、今年もはやくお花見がしたいです!(笑)

★R+houseモデル建築中です★

皆さま、こんにちは♪♪♪
R+houseモデルハウス順調に建築中です★

なかなか建築中の現場を見られる機会はないですよね!
建物ができてしまうと見えなくなってしまう壁の中に
高気密高断熱の高性能住宅の秘密が隠されています!(*^^)v

👇👇👇こちら「断熱材」の写真です。

dannetuzai.jpg


「断熱」とは家の外と中の温度を遮断して、伝わりにくくするものです。
つまり、断熱をしっかりすると中で温めた温度が外に逃げにくくなるのです(*^-^*)

これから家づくりを考えられている方は、どんな断熱材がいいか?と一度は考えられたことがあるはずです。
断熱材も様々な種類があります。。。

ポイントは「施工精度」です。

コストパフォーマンスが高い断熱材もあります。
しかし、断熱材の施工方法が悪いと、、、「いい断熱材を使っているはずなのに、なんか寒い、、、」というお家になりかねません!!

断熱材が悪いわけではないのですが、誰が施工しても失敗しにくい断熱材を選ぶことが大切です★

写真の断熱材は、工場で成形された物ですので誰が施工しても失敗しにくい!というのがメリットです。
施工精度が悪いと「結露」の原因にもなります(;^ω^)

高性能住宅の"ヒミツ"は現場でご確認くださいませ(*^-^*)
nakata_samatei.jpg

★スイートアリッサム★

今日はとても心地よい天気でしたね(^-^)
皆さまは良い休日を過ごされましたでしょうか?

道を歩いていると「いい香りだな~」っと目をやると、私の大好きなスイートアリッサムが咲いていました。
IMG_2196.JPG
歩きながら見ると白い小さなお花がいっぱい咲いているな~としか感じませんが、かがんでよく見ると、控えめながらも白色と黄色と緑色の抑揚がとても美しく、フワッと爽やかな香りがするこのお花が私はとても好きなんです!
IMG_2197.JPG
春はもうすぐかな(^-^)

★新入社員シリーズ㉑『構造見学会大盛況で終えました!!』★


皆様こんにちは!!!!

2/16、17の2日間、弊社のR+house構造現場見学会にお越しいただきましたお客様、寒い中ご来場頂き本当にありがとうございました!!!(;_;)/~~★
 
20190218_043508227_iOS.jpg

普段見ることのできない『壁の中』。
お越し頂いたお客様からもたくさんご質問をして頂き、設備や、R₊houseの家づくりについてたくさんお話させて頂きました(^^♪

断熱材に触れて頂いたり、床下を覗いて頂いたりと、
私たち社員一同もお客様に構造の段階で体感して頂くことができ大変うれしく感じております!!!

20190216_024447792_iOS.jpg

20190217_011119877_iOS.jpg


今回の構造見学会は第一弾となるお披露目会でしたが、今後は完成見学会にむけて今一度気を引き締める所存でございます!!!!(^^)/

随時こちらのブログや、イベント情報、SNS等でご案内させて頂きます!!!!
Instagramではさらにリアルな情報やホームページにも載せていない施工例などを投稿しております!!☟


★寒いと危険★

皆様こんにちは!

まだまだ厳しい寒さですが、皆様の体調はいかがでしょうか?
来週あたりからは暖かくなる予報ですが、今週末まではかなり寒いみたいですね...

寒暖差の激しい冬場におこる「ヒートショック」という言葉をご存知でしょうか?
聞かれたことはあると思いますが、この家の中で起きるヒートショック関連の死亡事故は、
なんと交通死亡事故の「4倍」も起きているのです。

なぜこのヒートショックが起こるのか簡単にご説明をしますと、
10℃以上の急激な温度変化があった場合、血圧が乱高下し、心臓や血管に大きな負担がかかり、場合によっては死に至ることです。

では皆様に問題です。
このヒートショックの一番発生件数が少ない都道府県は「沖縄県」です。
では2番目に発生件数が少ない都道府県はどこでしょうか?


正解は「北海道」です。

逆に1番発生件数が多い都道府県は「香川県」です。
では2番目に発生件数が多い都道府県はどこでしょうか?


正解は「兵庫県」です。

このように、断熱に対して意識が低い(比較的温暖な地域)での発生件数が多い事がわかります。
ですので、ヒートショックの原因は単純な寒さではなく、建物内での温度差が原因なのです。

では建物内の温度差を少なくするにはどうすれば良いのでしょうか?
1つ目は、ヒーターや浴室暖房機などを利用し、脱衣室や浴室を温めておくことで温度差を少なくする。
2つ目は、「高気密・高断熱住宅」にすることです!
高気密高断熱住宅なら、廊下や脱衣室、浴室など、家中ほとんど温度差がなくなるので、
体への負担が小さくなります!

ヒートショックを起こさないよう予防する方法はその他にも、
入浴前、入浴後に水分を補給することや、入浴前にお酒を飲まないことなど予防策はありますが、建物内での温度差を少なくすることが、一番の予防になると考えています。

これからお家を計画される方は、是非気密性・断熱性を意識して、安全で快適な家づくりをご検討ください!!

★モデルハウス ㊗上棟★

皆さま、こんにちは!!

昨日から寒波が到来しており、急に冷え込んできていますね。。
お風邪、インフルエンザにはお気をつけください!(´・_・`)

さて、ご報告が遅くなってしまいましたが、、
2/7にモデルハウスが上棟いたしました♪♪♪

今週は天候が悪い日が続き、予定より3日遅れての上棟となりましたが
無事に上棟しほっとしております★

r+house_zyoutou.jpg


家が完成してしまうと、構造体は見えなくなってしまいます。
見えなくなってしまう「壁の中」が大切なのです!!

「高気密高断熱」「コストパフォーマンス」「耐震」の"ヒミツ"を
確認していただくこともできますので、現場見学ご希望の方はお気軽にお問合せくださいませ!(*^-^*)

また、先日もご案内させていただきましたが、
2月16日(土)、17日(日)10時~16時に現場にて構造見学会を開催いたします。
ご興味のある方は、こちらから構造見学会の内容をご確認ください♪♪♪

👇👇👇構造見学会
click here
お問合せ 072-781-7831